WHEEL ROBE ウィールローブ / 15067SR / MOC TOE OXFORD(OIL-SUEDE) / CAMEL

⇒サイズ詳細
61/2E(約24.5cm)
7E(約25.0cm)
71/2E(約25.5cm)
8E(約26.0cm)
81/2E(約26.5cm)
9E(約27.0cm)
※ご希望のサイズをお取り寄せする事が可能です。詳しくは当店までご連絡下さいませ。

⇒素材
アッパー:牛革(オイルスエード)
ソール:オリジナルラバーソール

⇒製法
グッドイヤーウエルト製法、ダブルミッドソール

⇒製造国
日本

⇒商品説明
WHEEL ROBEのUチップ(モックトゥ)です。1940年代の「US NAVY」サービスシューズの木型をベースに、日本人の足形に合うよう改良された「#314」ラストを使用。大きくとったつま先の遊び、程よいアーチのシェイプ、小さなヒールカップで、フィッティングと歩行をサポートする作りが特徴です。アッパーには約2mm厚のスエードに、オイルワックスを配合して染み込ませた、独自のオイルドスエードを使用し、水や汚れに強く、履き込むことで表情が変わる、経年変化を楽しめる素材となっています。アウトソールにはモールドから作成した、オリジナルのラバーソールをダブルソール仕様で採用し、高いグリップと弾力性を備え、実用性に優れた作りです。オイルドスエードの素朴な雰囲気と経年変化、日本製ならではの丁寧かつ頑丈な作り込み、さらに履くほどに馴染んでいく気持ちの良さが味わえる、大人のカジュアルシューズとしての魅力を備えた一足です。

【WHEEL ROBE】
WHEELとは車輪を意味し、『軌跡』を表す。沢山の人の手で作られた靴は様々な人の思いが詰まっている。 皮の採取、鞣し、裁断、縫製、つり込み、底付、仕上げ、様々な工程を経て漸く1足の靴が作り出される。そこまでではあくまでプロダクトとしての完成で、最終的に足を入れて形となり、履いていくことによって様々な表情が出てきて完成される。生産の工程の中で最重視しているのが木型。 釣り込んだ際の造形美、履き心地、歩きやすさに大きな影響を与える。 木型は『軌跡』を作っていくうえで非常に重要なものになる。普遍的なデザイン、伝統的なディテールにこだわりながら、素材、製法に妥協せず作ることで存在感のある靴に仕上がる。 そのような靴をこれからの人生、愛着を持って履いてほしいという思いから誕生したブランド。
















※写真の素材感、質感、色は実物を撮影しておりますが、ご覧の環境等により実際とは異なって見える場合がございます。

※この商品は当店実店舗でも販売しております。在庫数の更新は随時行っておりますが、お買い上げいただいた商品が、品切れになってしまうこともございます。その場合、お客様には必ず連絡をいたしますが、万が一入荷予定がない場合は、キャンセルさせていただく場合もございますことをあらかじめご了承ください。